アーキテクチャー

FUKUDA賃貸住宅マネジメントシステム kokomo(ココモ)

資産価値を長く保つため、構造はしっかり、中は自由に。

S.&I.のSは「スケルトン」の頭文字で骨組・骨格を意味し、Iは「インフィル」の頭文字で内部・住戸を意味します。このS.&I.は、長寿命住宅に求められる考え方で、ライフスタイルの変化に応じて、住まいの方をそれに対応できるようにしておくものです。具体的には、耐久性を持つ構造体と、間仕切りや内装・設備を分離し、住戸の可変性を高めます。住宅が変化に対応しながら長く使えるということは、安定して賃貸住宅経営ができるということであり、また昨今の環境面でも廃棄物をできるだけ出さないという点で重要なことです。

先見

Skeleton&infill[スケルトン&インフィルタ]

S.&I.のメリット
将来のインフィル(住戸)の入替えが可能。 時代に合わせ、事業を展開することができます。
長期に渡るメンテナンスが可能。 資産価値を維持し続けることができます。
インフィルの組み合わせが自由 資産価値を維持し続けることができます。
規格化による企画提案のスピードアップ。 事業展開までの工期が短縮できます。